三原やっさタコの話

三原タコの魅力

◉足が太く豊かな食感
◉噛めば噛むほどうま味がギュッ!
◉柔らかく自然な甘さがgood!

三原は、瀬戸内海有数のマダコの産地

広島県で一番小島が多いという三原。岩礁にはカニやエビ、シャコ、オコゼ、スズキなど、タコの大好きな餌がたくさん! 高級でおいしい餌を好んで食べているので、タコもおいしく育つはずです。

三原のタコはひと味違う!?

三原沖は穏やかな瀬戸内海の中でも、水の流れが激しい海域。流されないように必死で岩にへばりつくため、タコの足は短く太くなり、引き締まった歯ごたえを一年中楽しめるそう。絶好の自然環境により育まれたおいしさを堪能しよう!

三原のタコを食べて美しく!?

タコは脂質、糖質がともに少なく低カロリーな上に、消化に時間がかかるので腹持ちが良く、ダイエット補助食品に最適! 豊かな歯ごたえで、満腹感もばっちり。また、煮る・焼く・蒸す、和洋中と多彩な料理のジャンルに対応できるので飽きずに食べられるのも魅力です。

三原のタコ壺漁は世襲制!?

三原では、江戸時代より世襲制でタコ漁が受け継がれ、禁漁期間を設けるなど、タコを捕りすぎないように自然と共存しています。禁漁期間にはタコ壺をきれいに水洗いし、きれい好きなタコが住みやすい環境づくりの手伝いもしています。

本レシピは以下のように下処理を行ったタコを材料として使用しています。

下処理

◉生タコの場合

①タコを冷凍する
②解凍したタコの内臓を取り除き、綺麗に洗う
③たっぷりのお湯で茹でる

◉茹でタコの場合

調理するうちに硬くなることがあるので、隠し包丁を入れたり、塩麹で漬け込むなど、メニューによって使い分けています。詳しくはレシピをチェック!

材料の表記に関して

1カップ = 200ml(200cc)

小さじ1 = 5ml(5cc)

◎レシピには目安となる分量や調理時間を表記していますが、様子を見ながら加減してください。